子供向けスポーツ自転車

HOME > 子供向けスポーツ自転車 > 子ども用スポーツ自転車の選び方

子ども用スポーツ自転車の選び方

町中で颯爽と走るおしゃれなスポーツ自転車に乗っている人を見て、自分の子供にも買ってあげたいと思う人も多いでしょう。ただ、何を選んでよいのかよくわからないという人もいると思います。ここではスポーツ自転車が何かよくわからない方向けに、子供用スポーツ自転車の選び方を紹介します。

子ども用スポーツ自転車の選び方

<広告>

はじめに

町中で颯爽と走るスポーティでおしゃれな自転車は、いわゆるスポーツ自転車と呼ばれる自転車です。普通の自転車と比べて楽に遠くに走れるだけでなく、デザインにこだわったものも多く、街中で目を引く存在です。

では、スポーツ自転車と普通の自転車では何が違うのでしょうか。そして、どのように選んでいいのかを紹介します。

スポーツ自転車の主な特徴

まずは簡単に普通の自転車とスポーツ自転車の違いを紹介します。

ペダルの踏み方

スポーツ自転車 普通の自転車
体重を効率よく使ってペダルを踏む設計 足の力だけでペダルを踏む設計

重量

スポーツ自転車 普通の自転車
10kgほど 15kgほど

速さ

スポーツ自転車 普通の自転車
時速15-20km 時速15-10km

カゴや泥除け

スポーツ自転車 普通の自転車
最初から付いていないものも多い 付属

スポーツ自転車にも様々な種類がある

スポーツ自転車には様々なものがあります。細分化すればキリがないのですが、子ども用のスポーツ自転車は大まかに分けて以下のタイプに別れています。自転車に不慣れな場合は、走行中の安定性が高く、路面が少々ぬかるんでいても滑りにくく、ハードにガンガン使えるマウンテンバイクタイプを選ぶといいでしょう。

マウンテンバイクタイプ

CENTURION

CENTURION R’BOCK 20 SHOX

ブロックタイヤとサスペンションで段差や荒れた路面でも難なく走ることができます。砂利道やあぜ道を走ることが多いのであればまさに最適。他にも、路面の状態が悪くても滑りにくいので安全性が高いのが特徴です。一方で、舗装路での高速走行は苦手。

クロスバイクタイプ

BIANCHI

BIANCHI Pirata 20

マウンテンバイクとロードバイクの良いところを併せ持ったオールラウンドタイプ。一見普通の自転車に見えるものも多いのですが、軽さや走りやすさは段違い。塾通いや通学から週末のサイクリングまで幅広くこなせます。

ロードバイクタイプ

CORRATEC

CORRATEC DOLOMITI TEEN

細いタイヤとドロップハンドルによる前傾姿勢で長距離を軽快に速く走ることができます。一方で、段差や未舗装路は苦手ですので、砂利道やあぜ道を恥じることが多い人には不向き。速度が出るため、瞬時の判断を要する場面が多く、ある程度自転車で走ることに慣れている人向け。

普通の自転車とスポーツ自転車はどこが違うのか

知らない人にとっては、スポーツ自転車と普通の自転車は構造的には同じ自転車なので、そこまで違わないと思いがちですが、それは大きな間違いです。スポーツ自転車は軽い力でペダルを踏むことができ、楽に早く遠くに行くことができる自転車なのです。

全身でペダルを踏む乗車姿勢

根本的に異なるのはその乗車姿勢。全体的に普通の自転車とは設計思想が根本的に異なっているのです。

普通の自転車は上半身を垂直に起こし、ペダルを足の力で踏み下ろす姿勢が基本。体重はペダルとお尻で支えることになり、ハンドルは高い位置で握るようになっています。

一方でスポーツ自転車は全身をバランスよく使ってペダルを踏む前傾姿勢が基本。ペダルとサドルだけでなく、ハンドルにも体重を分散させるため、サドルにお尻の重さを集中させることがありません。また、体重を進行方向に乗せやすくするため、ハンドル位置は普通の自転車に比べて低めにセットされております。

多段ギアが備えられている

スポーツ自転車の変速機は、8から30段あるギアを変速することで、ペダルを漕いだときの踏み応えを調節します。ギアの種類によって高速移動向きのものや、様々な地形を移動することに適しているものなど特徴があります。

ギア数が多いと、たとえば急な上り坂では軽いギアで走り、やや下りの平坦な道では重いギアで走ることで疲労が少なく走ることができます。また、細かな変速ができれば高い速度域でも足に負担のない走りができます。ただ、歯数が増えれば重量も増すため、 一概にギア数が多いほうがいいというわけではありません。大切なのは用途に応じたバランスです。

価格は高め

価格の面では普通の自転車に分があります。普通の自転車の価格が2〜3万円程度であるのに対して、スポーツ自転車の場合、5万円以上と高価です。フレーム素材や使っているパーツが高価な良質なものを採用しているのが原因です。

操作はそんなに難しくない

操作が難しいと思われがちなスポーツ自転車ですが、基本的な扱い方は普通の自転車と、そう大きく変わりません。

普通の自転車に乗れることができれば、マウンテンバイクタイプやクロスバイクタイプであれば、1時間ぐらい練習すれば慣れてきます。ロードバイクタイプはある程度スポーツ自転車に慣れてから挑んだほうが安全です。

スポーツ自転車のタイプによって、乗車姿勢や変速の方法が多少異なりますが、親切な自転車専門店で自転車を購入して、スポーツ自転車初心者という旨を伝えれば、店員さんが操作方法や注意点を丁寧に教えてくれるでしょう。

付属品を別途購入する必要がある

スポーツ自転車はライト・鍵・泥除け・スタンドなどは最初から付いておりませんので、必要に応じてアクセサリを別途購入する必要があります。自転車や選ぶアクセサリにもよりますが、一式揃えると1万円ほど必要となります。

特に、自転車を使った通学であれば、荷物を載せるためのキャリア、泥除け、スタンド、鍵は必須です。

最低限必要なもの 通学に必要なもの
  • ライト
  • 泥除け
  • スタンド ライト
  • 前カゴ
  • キャリア(荷台)

定期的なメンテナンスが必要

普通の自転車と比べてスポーツ自転車は定期的に空気を入れる・注油するなどのメンテナンスが必要です。これを行わないと動きが悪くなったり、パーツが錆びてしまったりと本来の力を発揮できないだけでなく、徐々に汚れが蓄積されていき見た目もよくありません。少なくとも1ヶ月に1回はメンテナンスを行いましょう。

基本的には大人のクロスバイクと同じメンテナンスで十分なので、親子で定期的にメンテナンスを行うといいでしょう。

自転車の特徴はフレーム素材で大きく変わる

自転車の大部分を占める箇所がフレームですが、このフレームの素材によってその自転車の乗り味が変わってきます。また、同じ素材でもブランドによって加工技術の良し悪しがあり、それによって乗り心地も変わりますので、ここでの評価は一般的なものとして捉えてください。

クロモリ素材

一般的な子供用自転車はクロモリという、鉄にクロムやモリブデンなどを配合した合金をフレームに使っています。剛性が高く、強い衝撃を与えても変形しにくいのが特徴です。

ハードな使い方を想定されている場合や、価格を抑えるためにスポーツ自転車でもクロモリを使っているものもあります。

アルミ素材

GIOS

GIOS GENOVA

スポーツ自転車のフレームはアルミ素材を用いたものが多いです。アルミ素材はクロモリに比べると非常に軽量なことが特徴です。

軽いということは漕ぎ出しが楽にできるだけでなく、軽快に走ることができます。走り出しが軽いということはそれだけ体力の消費が少ないということなので、長い距離を走ることも可能になりますし、通学も容易になります。さらに、片手で持ち上げることもできるなど、持ち運びも容易です。

  軽さ 剛性 価格
クロモリ
アルミ

サイズ選びの目安

自転車選びで最も大切なことは、子供の身長に適したサイズの自転車を選ぶことです。適した自転車に乗ることで、転倒による怪我の防止や、上達スピード向上につながります。購入の際は、サドルが一番低い状態で、両足のつま先が地面に着くのを目安とすると良いでしょう。

自転車のサイズと子供の適正身長目安

サイズ 適正身長 年齢
14インチ 92~107cm 3~5才
16インチ 98~119cm 3~6才
18インチ 103~125cm 4~8才
20インチ 111~135cm 5~9才
22インチ 116~145cm 6~11才
24インチ 122~151cm 7才以上

購入できる店舗が限られている

スポーツ自転車はどんな自転車店でも販売されているというわけでなく、購入できる店舗が限られたものが多いです。

また、店舗でしっかりとしたメンテナンスを行ってほしいというブランドもあり、対面販売のみで、インターネット通販を行っていないブランドもあります。例えば、自転車ブランド最大手のジャイアントは、インターネット通販では購入できません。

欲しいと思ったブランドについては以下にまとめておりますので、公式ホームページで取り扱い店舗を探して確認するか、近くのスポーツ自転車店舗で取り扱っているかを聞いてみましょう。

通販の有無と販売店一覧へのリンク

ブランド 通販の有無 販売店一覧
BIANCHI LINK
BRIDGESTONE LINK
CANNONDALE × LINK
CENTURION LINK
CORRATEC  × LINK
FUJI LINK
LOUIS GARNEAU LINK
GIANT × LINK
GIOS LINK
GT LINK
KHODAA BLOOM  LINK
KONA LINK
MERIDA LINK
SCHWINN LINK
SCOTT LINK
SPECIALIZED  × LINK
TREK × LINK

最後に

普通の自転車でもそうですが、安全のためにヘルメットは必ず購入しましょう。子ども用のヘルメットにもスポーツタイプの軽くて通気性が良いものが揃っております。万が一のときに頭を守れるのはヘルメットだけなので、少々高くてもしっかりとかぶってくれるものを選びましょう。