クロスバイクの選び方

HOME > クロスバイクの選び方 > コンポーネント

コンポーネント

クロスバイクはフレームやフォーク以外に、さまざまなパーツが使われています。このパーツのうちセットで設計されているものをコンポーネントと呼んでいます。具体的にはギアやブレーキなどのパーツです。ここではコンポーネントについて紹介します。

コンポーネント

<広告>

コンポーネントとは

自転車のコンポーネントとは、自転車の駆動に関係する基本的な部品群(ディレイラー、ブレーキレバー、ブレーキ本体、クランク、ペダル、チェーンリング、スプロケット、ハブ、ボトムブラケットなど)のことを指します。

ホイールやハンドルはコンポーネントとは異なるカテゴリに位置しています。

コンポーネントはフレーム素材と同じぐらい重要な要素

クロスバイクの性能は、フレームによってその性能が大きく変わりますが、それと同様にコンポーネントも性能に関わっています。

位置づけとしては、フレームが走行性能に関係している箇所で、コンポーネントは変速や停止、ペダルの踏み具合などの操作感に関係しているイメージです。

フレーム コンポーネント
走行性能に関係 変速や停止、ペダルの踏み具合などの操作感に関係

走行中の速度や負荷に直結

たとえば、コンポーネントのグレードが高いものほどギヤの段数が上がり、変速もスムーズになり、走行中の速度向上や負荷の軽減に繋がります。

らに、上位のグレードのほうがよりスムーズなペダリングも可能ですし、ブレーキ性能が向上することで、走行時の安心感や安全性も向上します。

高グレードのコンポーネントは見た目の質感も高く、クロスバイクの見た目を底上げしてくれます。

コンポーネントの主なパーツ

パーツ 機能
ブレーキ 速度を制動する重要なパーツ。リムを挟んで制動するリムブレーキ式が主流ですが、最近ではディスクブレーキ式のモデルも増えてきています。
レバー ブレーキと変速の操作を行うパーツです。メーカーやグレードによって操作方法や握り心地が異なり、好みが分かれやすいパーツでもあります。
クランク ペダルを踏んでチェーンリングを動かすパーツです。
フロントディレイラー フロントギアを掛け替えるパーツ。ダブル用(前のギア2枚)とトリプル用(前のギア3枚)が主流で、ダブルはロードバイク寄りのクロスバイクに多く、トリプルはMTB寄りのクロスバイクに多いです。
リアデイレイラー スプロケット上のチェーンを掛け替える変速機です。
スプロケット リアのギヤで、「スプロケ」とも呼ばれます。クロスバイクでは、7段から10段が主流で、グレードが高いほど段数が多い傾向にあります。段数が多いと細かい変速が可能なので、脚への負担軽減になります。

コンポーネントの基礎知識

日本のメーカーのシマノが発祥

シマノは1921年に大阪府の堺市で創業した世界最大規模の自転車パーツメーカーで、釣具メーカーとしても有名です。

以前はクランクセット単品、ブレーキアーチ単品といった具合に、各パーツを専門に作るメーカーが数多く存在しており、それらを自由に組み合わせてスポーツ自転車は作られていました。

シマノはそれらのパーツを一括で管理すべく、1982年に正確にシフトできる段階式の変速機である「シマノ・インデックス・システム」をリリースし、コンポーネントという概念を広めていきました。

主なコンポーネントメーカーは3社

現在の主なコンポーネントメーカーは世界に3社で、日本のシマノ、イタリアのカンパニョーロ、アメリカのスラムです。

日本国内で販売されているクロスバイクの完成車のほとんどがシマノのコンポーネントを採用しています。そのため、カンパニョーロやスラムのコンポーネントはクロスバイクではあまり見られません。

なお、シマノとカンパニョーロのパーツの互換性はないため、クランクだけカンパニョーロのものを採用するようなことはできません。

グレードが存在

コンポーネントには数種類のグレードが存在します。グレードの違いはリアスプロケットの枚数、つまり変速段数によるところも大きいです。さらに上位のコンポーネントほど変速の正確性が高く、距離を伸ばしても性能が低下しにくいなど、よりレース向けの性能となります。また、耐久性も上がる一方で、重量は軽くなっていきます。

  高グレード 低グレード
後ろのギア 多い 少ない
変速の正確性 精度が高い そこそこの精度
耐久性 高耐久 普通の耐久性
重量 軽い 軽くない

上位コンポーネントは自転車通勤レベルでしか使わない人にとってはオーバースペックになりがちですが、たとえ自転車通勤であっても正確な変速や絶妙なブレーキ感のクロスバイクは、走る楽しさを底上げしてくれます。

ロード向けコンポーネント MTB向けコンポーネント その他
  • DURA ACE
  • ULTEGRA
  • 105
  • TIAGRA
  • SORA
  • CLARIS
  • ALFINE
  • XTR
  • XT
  • SLX
  • DEORE
  • ALIVIO
  • ACERA
  • ALTUS
  • TOURNEY
  • TX800
  • NEXUS

グレードが異なるコンポーネントを組み合わせたミックスコンポーネント

同じメーカーのコンポーネントは複数のシリーズを組み合わせることも可能で、一部クロスバイクでは、「SHIMANO SORA Mix」のように、「SHIMANO SORA」をベースとして、他のグレードのパーツをミックスさせてパーツを組んでいることもよくあります。

主な理由はコストダウンで、対象となるのはクランクセットやブレーキキャリパー、チェーンなどです。

信用できるブランドのクロスバイクは、これらのパーツの組み合わせのテストを経て作られていますので、コンポーネントをミックスして用いていても問題はありません。もちろん、購入後に自分のクロスバイクのブレーキを上位コンポーネントにアップグレードすることも可能です。

ベースになっているフレームやコンポーネントの構成によっては、装着できないパーツもありますが、自分の好きなようにパーツをミックスさせる楽しさも自転車の楽しみの一つです。