メンテナンス方法

HOME > クロスバイクのメンテナンス方法 > サドル調整方法

サドル調整方法

クロスバイクで自分の出力を最大限発揮するには、自分の体のサイズに合ったバイクを正しいポジションで乗ることが大前提となります。そのためにも、正しいフィッティングを行う必要があります。ここではフィッティングの基本であるサドル調整について紹介します。

サドル調整方法

<広告>

はじめに

フィッティングについて

クロスバイク購入時は、自分の体にあったサイズのものを選ぶことは基本ですが、サイズを決めたら、腕や脚の長さに応じて、サドルの高さを調整することが大切です。

場合によっては、フロントフォークの「フォークコラム」とハンドルの真ん中をつなぐ「ステム」を交換して、長さや高さを調整することもありますが、基本的にはそれらの部分よりも、適切なサドルの高さに調整することで十分。

最初は安全性を重視したサドルの高さに

クロスバイク購入時は自転車店で身長や、購入者のスポーツ自転車の経験値によってサドルの高さを調整してもらい、その後も、そのままのサドルの高さで乗り続けてはいけません。腕、脚、胴体の長さが伸び縮みするわけではありませんが、乗り慣れてスキルアップすることで股関節や肩甲骨など各部位の可動域が広がりますと、適切なポジションが変わるからです。

特に初心者の場合、安全に走ることが最優先なので、最初は安全性を重視したサドルの高さにセッティングされていることがほとんどです。

そのため、赤信号で停止するときに地面に足をつきやすくしたり、いざというときにブレーキをかけやすく、前方を確認しやすいようサドルは低めのセッティングとなっております。

乗りなれてきたら調整を行う

ただ、このポジションは速く走るためのものではないため、前傾姿勢に慣れ、いざというときも即座に足を出して停車できるようになったら、ポジションの調整を行ったほうが良いでしょう。ポジション調整のタイミングは、走行距離の長短ではなく、安全に乗ることができると確信できたら行いましょう。

乗り慣れて柔軟性が高まった状態で、初期設定のポジションのまま乗り続けていますと、いろいろな部位に痛みが出ることがあります。

クロスバイクはある程度の前傾姿勢のほうが体に負担がかかりづらいよう設計されているのですが、安全性を重視してサドルが低いままですと、手のひらに圧力がかかって痛んだり、ハンドルが手前すぎると腕が窮屈になったり、肩の位置が相対的に高くて肩がこってしまいがちです。

アーレンキーが1本あれば、サドルの高さを調整できますので、柔軟性やスキルの向上とともに、ポジションを微調整しましよう。

基本的なサドルの高さ調整方法

実際にどうポジションを調整していくか

調整の基本はサドルの高さを調整することです。サドルの高さとは、BB(クランクの回転軸)の中心から、サドル上面までの長さです。

適切な高さにサドルをセットするためには、計算式を使うことで最初の基準点を求めることが多く、クロスバイク初心者であれば、「股下の長さ×0.8」が当面の目安となります。股下80cmの人ならサドル高は64cmということです。

セッティング後は実際に走行してチェック

目安の高さにセッティングしたあとは必ず実際に走行して適切かどうかをチェックします。正しいペダリングは脚を上下に動させてペダル回します。この上下動がスムーズに稼働して、上死点と下死点の通過に違和感がないかを確認します。このときは膝や筋肉などを傷めないように平坦なコースで抑えめのペースで走ることをおすすめします。

チェックが必要なのは、例えば実際に0.8を基準にしたものを設定しても、さらにサドルを上げてもよさそうな場合もあれば、膝がツンツンに伸びてしまう場合など、人によって適不適はバラバラなためです。

膝が程よく緩んでいる状態に調整する

実際に走って感じをもとに5mmくらいの単位で再調整します。サドルの微調整は、膝の曲がり具合を基準にします。膝が伸び過ぎていても曲がり過ぎていても膝の障害は出やすくなるため、ほどよく緩んでいる状態に調整していきます。

サドルセッティングのポイント

サドルが高すぎる場合

多くのサイクリストは、乗り慣れれば慣れるほど、必要以上にサドルを高めにする傾向があります。そのほうが前傾姿勢は深まり、格好よく見えるためです。

ただ、本来の適切な高さよりもサドルが高すぎると、ペダルが上死点に達したとき、骨盤の両脇にある股関節と太ももの角度が浅くなります。そのため、上死点の箇所ではスムーズ通過させることができます。

その一方で下死点では膝関節や足関節が伸びすぎてしまい、スムーズな通過を阻害します。また、下死点に足が届きにくくなると、それを補正するために尻をサドル前側に移動させて下死点に足を到達しやすくしたり、骨盤を前後左右上下にずらしたりするため、ペダリングが不安定になってしまいます。こんな症状を自覚したら、症状がなくなるまでサドルを下げるのが賢明です。

サドルが低すぎる場合

サドルが低すぎると上死点で脚が上がりにくくなり、スムーズに上死点で通過できなくなります。これを補正するため、上死点で太ももや膝を外に逃がすようなガニ股ペダリングになりがちです。

また、下死点でペダルに対して脚の長さが詰まり気味になりますので、必要以上に下死点での踏み込みが強まってしまい、結果として膝痛の原因にもなります。

サドル調整の心構え

計算式はあくまで目安

計算式で適した高さを求めているとはいえ、股下の測り方は誤差が生まれやすいですし、サドルの材質による沈み込みによっても誤差が生じます。さらに、履いている靴の厚みやペダル軸からペダル面までの距離など、さまざまな個別要素があるため、適切なサドル高は人それぞれです。

そのため、最初のサドルの高さを求める際の股下寸法にかける係数は、0.8ではありますが、あくまでもそれは最初の基準となる数値であり、最終的には実際に乗って再調整の作業をくりかえしながら最適なサドル高を探っていく必要があります。

8割ほどの完成度で十分

体の柔軟性や筋力は変化するもので、極端にいえば、適切なポジションは毎日変わります。そのため、完璧なセッティングを行ったとしても、次の日になれば完璧ではなくなるということも十分に考えられます。

そのため、サドル調整は完璧を求めるのではなく、8割ほどの完成度で十分であり、不足している部分をスキルや柔軟性に応じた乗り方を行うことで対応すると良いでしょう・