必要なアイテム・便利なアイテム

HOME > 必要なアイテム・便利なアイテム > アイウェアの選び方

アイウェアの選び方

クロスバイクは時速30km以上の速度で風を直接受けることもありますので、ホコリや虫が目に入ると危険です。また、強い日差しや照り返しも走行中の視界を悪くして安全性を下げる要因でもあります。そのため、スポーツサングラスなどのアイウェアを用いることで、走行時の快適さを向上させることをおすすします。ここでは正しいアイウェアの選び方を紹介します。

アイウェアの選び方

<広告>

アイウェアを装着する理由

ヘルメットは転んだ時に役立つもので、アイウェアは転ばないために役立つアイテムです。まずはアイウェアを装着する理由を紹介します。

視界の確保

スポーツ用サングラスのようなアイウェアは、グローブやヘルメット同様に体を守る重要なアイテムです。強い陽射しによる紫外線から目を守るだけでなく、ホコリや虫、小石などが目を直撃するというトラブルを防ぐなど、走行時に目を守り、安全に走るための視界を維持する役割を持ちます

機能性が高い

アイウェアの中でもサイクリング専用のものは長時間装着することを意図して作られており、軽い自然な装着感で、かつ高速の移動でも外れないようになっています。さらに、運動時には内部の曇りなども防ぐように作られているものもあります。

このように、単に日光を防ぐだけでなく、サイクリングに特化した技術や構造が専用のアイウェアには詰め込まれています。そのため、普通のメガネとは似ているようで異なっています。

目が悪い人は普通のメガネを用いてサイクリングを楽しむのも良いですが、度付きの専用のアイウェアを用いるとより快適に走行できます。

アイウェア選び方のポイント

アイウェアにもロードバイク同様、さまざまなブランド、モデルがあります。レンズの形状や色、機能、フレームの材質や曲がり、さらには耳や鼻との接触面の違いなど、モデルごとに多種多様。購入時には以下のことを抑えておくことが大切です。

大きさ

アイウェアのデザインは少し大きめのほうが、ゴミや虫を防ぐ効果が高いです。ただ、大きすぎると装着感に影響を及ぼしますので、その辺のバランスは考えておきましょう。

装着感

同じアイウェアでも適切に装着できるかどうかは個人差があります。例えば、フレームの曲がりはモデルにより異なります。アールが強すぎて側頭部が圧迫される状態や、逆にゆるくてズリ落ちてしまうような場合もあります。もちろん、このあたりは専門店で購入すれば、調整してもらうことは可能です(ただし必ず調整できるとは限りませんが)。

他にも、鼻に当たる部分にあるパッドは、多くのモデルにおいて、角度や左右の開きを変更できます。そのため、自分に適したフィット感に調整できます。

ただ、欧米ブランドのアイウェアは、日本人の頭の形や鼻にフィットしづらいこともあるため、購入時には気をつけておきましょう。

ヘルメットとの相性

スポーツバイクに乗る場合、転倒時の安全を向上させるため、ヘルメットは必ず装着することになります。一方で、アイウェアの形状によっては、装着時にアイウェアとヘルメットが干渉し、うまくアイウェアを装着できないということもあります。

アイウェアは基本的にはヘルメットと干渉しないよう設計されていますが、形状が特殊なヘルメットを使っている場合は、装着時に問題がないか確認しておくと安心です。

アイウェアを度付きのものにすることも可能

近眼の人は、通常のメガネをUVカットのコーティングを施したカラーレンズにするのも手です。目を風や虫から守ると同時に、太陽の眩しさからも目を守ることが可能です。

他にも、一部スポーツアイウェアメーカーではレンズを度付きに変更することができるモデルもあります。メーカー側では度付きにできないモデルでも、メガネ専門店にお願いして度付きレンズを装着してもらうような対応が可能になることも。

レンズの色

適切なレンズの色は状況によって異なる

レンズはたくさんの種類のレンズがあります。レンズが複数枚ついていて、交換できるタイプのアイウェアもあるため、そのようなアイウェアの場合は、ある程度濃い色のレンズと、日没後の走行用に透明レンズを用意しておくのがよいでしょう。

レンズカラーによって、視界に入る風景の見やすさが変わりますが、どのような色を選ぶかというのは、状況によって異なります。

晴天時に走ることが多いならグレー系の色、街中を走る事が多いならオレンジ系の色と、状況によって適切な色は異なります。

オールラウンドに使えるのはブルー系のレンズです。様々な天候に対応でき、視界も自然。さらに日差しや路面からの照り返しの光をカットしてくれるため、長い時間装着していても疲れにくいという効果があります。

交換を前提としないアイウェアを選ぶ場合

レンズに度が入れられるタイプのアイウェアを選ぶ場合は、場面によってレンズを交換するという前提ではありません。ただ、複数購入するのも現実的ではありませんので、オールラウンドに使えるブルー系レンズを選んでおけば様々な場面で使えます

また、太陽光の明るさによって色が変わる「調光レンズ」を選ぶのも手です。場面によって色が変わるため、一日中レンズを交換せずに走行できます。

ミラーレンズという手も

ミラーレンズとはミラーコート加工を施したレンズのことを指します。一部の光を反射し、外部からは多種多様な色に見える特性をもちます。